被災地支援プロジェクト

3.11 祈りの光    3.11祈りの風船
  2015年3月11日                                祈りの風船
頑張ろう 石巻    復興するぞ 石巻
  2013年5月                                  2011年5月

ハッピープロジェクト
統一教会(家庭連合)ボランティア隊

家庭連合(統一教会)平和奉仕ボランティア隊とは

統一教会平和奉仕ボランティア隊 は、統一教会(家庭連合)の有志による平和のための奉仕をするボランティア活動です。  
東日本大震災の被災者の方々への支援活動をきっかけとして立ち上がり、
安否確認支援、義援金の呼びかけ、各地への物資援助や青年ボランティアの派遣を行っています。

家庭連合(統一教会)は「神様の真の愛を相続しよう」をテーマに、世界は神様を中心とした一つの家族であると信じています。
よって、被災者の方々はみな、私たちの兄弟姉妹たちであり、思想や信仰に関わらず、
その痛みは決して他人ごとと捉えることはできません。




がれきの山となった被災地 家の中もがれき
東日本被災地復興支援

東日本大震災直後の2011年3月24日に第1陣を現地に派遣して以来、
2015年3月までに108回のチーム派遣を行い、現在も活動を継続しています。
被災地の復興は少しずつ進んでいますが、支援の手が行き届きにくくて復興が遅れている地域もあります。
今度も継続していきたいと思いますので、ぜひ、みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

一面 がれき

  ボランティア 続々集まる。

伊豆大島被災地復興支援

伊豆大島では、2013年10月15日から16日にかけて台風26号に襲われて土砂災害が発生し、
39名の死者・行方不明者を出しました。
これにより「大島災害VC」が設置されて災害ボランティアがスタートしたのを受けて、
UPeaceにおいても伊豆大島へ10回のチーム派遣を行いました。



   
広島被災地復興支援

2014年8月20日に広島県広島市で大規模な土砂災害が発生し、
74名の死者と44名の負傷者を出しました(2014年9月19日16時時点)。
復興を支援するため、UPeaceでも広島へのチーム派遣を行いました。



カンボジアボランティア
カンボジアボランティア

道作りをしました。雨季の雨で多くの土が流れて道路がボコボコになってしまいました。
そこで、田んぼの畦から土を掘り出し、その土の塊を運び、ならす作業をしました。
作業は重労働だったため、ただ単に作業するのではなく、歌ったり、踊ったり、
時には走りながら、楽しさを見出したり活気付けながら作業しました。
すると、子供たちに変化が出ました。普段仕事を手伝わない子供たちが、
何人も手伝うようになったのです。
遊んでいた子供たちも大人たちに混じって一緒に土を掘って運びました。
その場は、苦労だけでなく、楽しさを感じる時間になりました。